なんでそんなに歯が綺麗なの?実は私ホワイトニングしてるんです

どうして歯が変色するの?手軽に改善する方法は?

歯の悩みを抱えている人はたくさんいます。虫歯や歯並びのほか、歯の色で悩んで歯医者さんにお世話になる人はかなり多いですよ。実は私も歯の色が黄色っぽくなっているのがイヤで、かかりつけの歯医者さんに相談したんです。今は白い歯を取り戻していますが、私の体験談をふくめて歯医者さんから紹介してもらった改善方法をご紹介します。 そもそも、どうして歯の色が変わるかというと、まずは加齢が原因となります。私は10代のころは歯の色は心配していませんでした。でも20代や30代になると、変色しやすくなるそうです。次の原因は、食生活です。コーヒーやワイン、烏龍茶などは歯を着色してしまうそうで、これらをよく飲む人は食後に水を飲んだり歯を磨くといいですよ。タバコも歯を着色する原因のひとつです。 歯の変色を手軽に改善するには、美白効果のある歯みがきを使う方法があります。価格の幅が広いですが、一般的なスーパーでも買えますよ。ただしこれらの歯みがきは、効果が弱いことが多く、効果が出るまでの時間も長くなるのが一般的です。

  

歯医者さんで自然な歯の色を取り戻そう!

歯医者さんで施術してもらうホワイトニングなら、効果はバッチリです。黄色っぽくなった歯も自然な色を取り戻せます。 歯医者さんで行うホワイトニングは、おもに2種類あります。医師の指導を受けて自宅で行うものと、病院内で行うものです。どちらも、ホワイトニングに入るまえに歯周病の治療や歯石の除去などが行われる場合があります。 自宅で行うタイプのものは「ホームホワイトニング」と呼ばれていて、私が体験したのもこの方法です。歯医者さんで自分の歯並びに合うマウスピースを作ってもらい、マウスピースにホワイトニング剤を入れて口に装着します。1日の装着時間は数時間で、効果が出るまで早くても2週間くらいかかります。装着時間は長いですが、手軽にできました。病院内で行うタイプのものは、歯にホワイトニング剤を塗って、特殊な光を歯に照射します。この照射を数回くりかえして歯の色を改善します。 どの方法でホワイトニングしても、歯の色を維持する努力は必要です。きちんとした歯みがきや定期的な歯医者さんでの健診でステキな歯を守るようにしてください。